小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とはお子様の健康な歯を維持することにより健全な発育をサポートするための歯科治療全般をいいます。 

大事な乳歯

乳歯のときに虫歯のまま放置してしまうと、質の弱い永久歯が生えてしまうことがあります。また、乳歯や、生えてきたばかりの永久歯は虫歯菌への抵抗力が弱いので、定期的に歯科検診を受けられることをお勧めします。

虫歯と歯並びの関係

乳歯は永久歯の生えてくる場所を確保する役目もあります。
乳歯が虫歯になると、歯並びが悪くなる場合があります。
結果、永久歯にも影響を及ぼし、将来虫歯になりやすいお口になってしまう事もあるのです。

小児歯科独自の治療方法

「歯医者を嫌がるのでは」と不安に思ったり、治療を嫌がるお子様に悩まれる保護者の方は多いと思います。

当医院では、無理やり押さえつけて治療はしません。
時間や回数はかかってしまうかもしれませんが、お互いの信頼関係を築いてから治療にあたります。
一緒に来られる保護者の方も根気がいりますが、あせらずゆっくりと見守ってあげてください。
※緊急の処置が必要な場合は除きます。

予防歯科

歯科の定期検診をお勧めします。
国民の多くの人がむし歯、歯周病になっています。
痛くなってから悪くなってからではなく、悪くならない様につまり予防をしていく様に考えて下さい。
私たちがお手伝い致します。

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

妊娠するとホルモンバランスの乱れから、歯周病にかかりやすくなってしまうのですが、歯周病は流産や早産の原因になってしまうこともあるのです。
また、生まれてきた赤ちゃんは無菌ですが、ママに虫歯菌があると感染させてしまう可能性があり、大切なお子様を虫歯にしてしまうことになるのです。
ママのお口の中の健康が、これから産まれてくる赤ちゃんの健康な歯をつくります。
現在妊娠中の方、そしてこれから妊娠を考えている方も、虫歯予防の重要性を理解しましょう。

妊娠時期における歯科治療のポイント

妊婦歯科治療の基本は、「決して無理しないこと」であると言えます。
「母子の安全が最優先される」という大規則を厳守し、妊婦の精神的ならびに身体的変化に配慮しながら、各妊娠時期に合わせた適切な治療計画を立案させて頂きます。

妊娠初期(4ヵ月頃まで)の歯科治療

妊娠初期(4か月頃まで)において、約70%の妊婦につわりが生じると言われております。
つわりによって生活・食習慣が乱れ、嘔気によって口腔清掃が十分に行き届かず、口腔内環境が悪化することが多くなります。
つわりの内容や程度には個人差が大きいですが、 例えば糖分を多く含む食品や清涼飲料水などをとる頻度が高くなるような場合には、むし歯のリスクが高まります。
さらにかんきつ類など酸性食品の頻回な摂取ならびに妊娠悪阻で嘔吐が妊娠期間中に繰り返される場合には、 歯の酸蝕症が引き起こされるリスクも高まるため注意が必要です。

つわり時の歯磨きの工夫

つわり時の歯磨きの工夫をまとめてみました。参考にして下さい。
  • つわりが軽く、体調が良い時に磨く
  • “ブクブクうがい”を十分に
  • 歯ブラシは小さめを選び小さく動かす
  • においの強い歯磨剤を大量に使わない
  • 顔を下に向けて磨く
  • 奥から前にかき出すように磨く
  • “ながら磨き”のすすめ (テレビや音楽を聴きながら、お風呂に入りながら リラックスして)

  • *嘔吐直後の歯磨きについて 嘔吐直後は水などで十分にうがいをして、胃液の残留を洗い流しておく。 直後の歯磨きは歯の磨耗を引き起こし、酸蝕症となる危険があるため、 約30分は歯磨きを控える。

    妊娠中期(5~7ヵ月)の歯科治療

    つわりも治まり、安定期と呼ばれる妊娠中期は、一般的な歯科治療を行う上では最適な時期であり、 集中して歯科治療を進めることが望ましと考えられております。
    また、自発痛を繰り返す親知らずや根だけが残っている歯などに対しても、患者さんよく相談し、産科医の許可を得た上で、抜歯を検討することも可能でございます。

    妊娠後期(8ヵ月~10ヵ月頃)の歯科治療

    妊娠後期には、一般的にはチェアーであおむけとなって歯科治療を受けることが非常に苦痛となります。
    下大静脈が圧迫され「仰臥位性低血圧症候群」となることもあるので、チェアーは水平位まで倒しすぎないように注意し、 短時間で治療を済ませるように心がけております。
    また、腰痛を伴う妊婦さんも多く、斜めのポジションで治療を行うなど、少しでも楽な体勢で治療を受けることができるように配慮させて頂きます。
    さらに、出産のため治療が中断となる場合には、適切な応急処置を行って、出産後に必ず再受診をしてもらうようにしております。
    貧血傾向である妊婦さんも多いうえに、歯科治療時の痛みや緊張などが原因で、特に麻酔を受けた後などに、妊婦さんが「神経性ショック」となることがたまにございます。
    妊婦さんの場合は、左を下にしたいわゆる「側臥位」を取ってもらい、 経過をみていれば大抵の場合回復しますので、冷静な対応を心がけております。

    佐藤デンタルクリニック

    ご予約・お問合せ
    TEL:048-474-1563
    診療時間
    10時~20時/土18時まで
    休診日:水・日・祝
    所在地
    埼玉県志木市本町5-14-22
    ビレッタ志木1F
    志木駅東口徒歩4分(丸井側)
    志木郵便局正面

    駐車場あります